概要
概要
前回の記事で飛行機などが製造される際に必ず行われる作業として流体解析と呼ばれるものがある話をしました。
乗り物
乗り物
現在多くの製品が登場しており、私達の生活をより楽に快適にすることができるようになっています。

利用方法

何かを作る際に流体解析を行うことでその結果から対策や改善策を見出すことができます。また、流体解析はその他の利用方法もあります。 ◆方法まず、流体解析を利用する最初の目的としては最初に述べた制作時に安全性を高めるといったことがいえます。これは


熱流体

機械が多く登場してきている近年、故障などのトラブルも多くあります。要因は様々ですが、多くの機械製品の弱点として「熱」を上げることができます。熱は機械に利用されている細かな部品や、パソコンなら演算部分に大きなダメージを与えることが分かっていま


利点注意点

熱流体解析の説明を前回の記事で書いてきました。流体解析は何かを制作する際にほとんどのもに利用することができるものです。特に空気などの影響を受けやすい乗り物や、建築物の空調状況などがあります。これらの状況を把握することで対策を取ることができま


CFD

実際に実験などで利用するものが「物」であった場合、前回の記事通り大きな費用がかかるものです。しかし、熱流体解析解析ソフトウェアと呼ばれるものがあります。 これは前回述べたように実際にものを利用して実験を行うものではありません。コンピュータ上